見出し画像

未来を創るために大切な事

私はリッチメディアに2018年に新卒で入社し、今年で3年目になります。

入社してから、私自身が感じている「未来を創るために大切な事」をお話ししたいと思います。

入社してから1年半は美容業界のメーカー様を対象とし、自社メディアである「スキンケア大学」を活用した広告の提案営業をしていました。
現在は、D2C事業を行っている部署に異動し、カスタマーサクセスグループという部署で、弊社の口臭ケア商材を購入いただいたお客様の購入後のフォローや、新規お客様の開拓を行いながら、当社製品を長く愛用頂けるような施策を考え実行しています。また、2021年2月からチームメンバーのマネジメント業務なども行っています。

山田さんピン

私の夢とリッチメディアとの出会い

私は学生の頃から成し遂げたいと思っていることがあります。

それは、「世の中の課題を解決するサービスを創る」こと。

きっかけは、高校生の時。初めて未知の土地に出かける機会があり、電車の乗換アプリを利用したことでした。

今では当たり前に利用されているサービスとなっていますが、初めて利用した当時の私には「出発/到着地点の入力と検索ボタンを押す」たった3つのステップだけで簡単に調べる事ができる事に衝撃を受けました。

さらには、サービスを通じて未知の土地に行く方の不安を解決出来ることに感動したんです。

地元は都心ほど複雑な路線ではなく、電車を乗換えるために検索など利用した事などない。そのような環境だったため、乗換することに分厚い時刻表の中から、行き先を探し、どこで乗換えてどのホームの何分発に乗るのか調べ・・・ととにかく手間がかかる印象を持っていました。

このきっかけをもとに、将来はサービスを通じ、その先にいる利用者の課題を解決したいと思うようになりました。

就職活動でリッチメディアと出会い、“可能性を世界で最も開花させる”というMISSIONに込められた、出来ないを出来るに変えること=事業を通じた先にいる顧客の課題を解決することだと思い、リッチメディアの掲げるMISSIONが自分の成し遂げたいこととリンクしていると感じ入社を決めました。

山田さん_会議様子2

未来を創るには挑戦が大切

入社してからは広告営業を始め、新規ブランドの立ち上げや、新しい部署での企画の立案等、色んな初めてのことに挑戦してきました。
今は自社のIKIREIという口臭ケア商材を通して、自分の口臭が気になり会話に対する悩みを抱えているお客様の課題解決に挑戦しています。

立ち上げから、まだ日も浅い事業ですが、今ではお客様から「会話に悩みを抱えていたが、この商品のおかげで悩みがなくなり日常生活が楽しくなった」や「この商品がないと不安です」などと嬉しいお声をいただくようになりました。

こういった声は、お客様に向き合うことはもちろん、課題解決に挑戦し続けたからこそ、満足いただき、お客様の可能性を開花させることが出来ているのではないかと感じています。

チームだからこそできないことも乗り越えられた

一方、この事業に挑戦していく中で、いくつかの困難にぶつかったこともあります。
直近で起きたことは、お客様の継続率があがらなかったこと。
原因を突き止めようと、毎日購入データを見続けても、理由が分からず、継続率を改善することは自分に本当に出来るのか?とも思ったこともありました。

ただ、そんな中でもどうにかしようと前進することが出来たのは、IKIREIの可能性を信じているチームのメンバーがいたから。

自分一人ではなく、チームメンバー全員で「どうしたらお客様はIKIREIを使い続けてくれるのか」を本気で議論し、課題を解決する。

それが出来たからこそ、実際に自分達でお客様の声を聴く“ユーザーインタビュー”の企画や、一度にまとめて購入することで、お客様の購入費用を抑えることのできる“まとめ売り”といった新しい企画が生まれたと思いますし、一人一人が本気で考えた企画だからこそチームで協力し、やり遂げることが出来たと思います。

結果として、まとめ売りはアップセルの市場平均を上回った結果を出すことができ、自分自身もチームとしての可能性をとても感じ、「まだまだできることがある!」そう感じました。

これからは、当社製品の問題点を修正し、磨き上げ、お客様に長く使ってもらえるような仕組みづくりに、挑戦していきたいと思っています。

山田さん3

最後にはなりますが、僕個人としても、リッチメディアという組織もMISSIONである“可能性を世界で最も開花させる”という抽象的で難易度の高いMISSIONだからこそ、VALUE(行動指針)である挑戦チームもとても大事にしています。

「事業を通じて、お客様の可能性を開花させたい」という方       過去の経験から「挑戦とチームが大事だと思っている」そう考えている方は、ぜひリッチメディアで一緒に挑戦していきましょう!

この記事が参加している募集

社員紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!
12
株式会社シェアリング・ビューティーが運営するアカウントです。 https://www.sharingbeauty.co.jp/ ※2021年4月5日より、株式会社リッチメディアから社名変更いたしました。