見出し画像

目指すことのために決めた覚悟

2019年10月、リッチメディアに中途入社した竹中史央里さん。入社一か月目でBest Value Member※を受賞、現在は自社メディア「HAIR」へ広告掲載いただく企業様の新規開拓や既存企業へのフォローを行う法人営業職として精力的に働いています。

※リッチメディアのミッションを実現させるために大切にしている行動指針(VALUE)を誰よりも体現した社員に送られる賞のこと。

リッチメディアで3社目になる竹中さん。仕事を通して自分ができることの幅を広げたいという思いから、前職では2社とも違う仕事を選んできたんだとか。
そんな彼女がリッチメディアに入社し、目指していることについて伺いました。


竹中さん:私はいわゆるバリキャリである母の影響もあり、自身も仕事をバリバリやっていきたい!という思いが人一倍強いタイプでした。
仕事を通して自分ができることの幅を広げたいと思い、2回の転職でどちらも違う仕事を選んできました。
前職はWEBディレクター職として未経験入社したんですが、負けず嫌いの性格もあり、来た仕事はとにかく受けて、人一倍の量をこなし続けました。
そして入社三か月後には、全国ディレクターランキング三冠を受賞するまでになりました。

全国ランキングで三冠ってすごいですね。順風満帆な社会人生活を送っていたのではないでしょうか。

竹中さん:はい。その後は新人教育なども任せてもらうようになり、「仕事は順調」だと思っていました。

そんな中、私の元へとても複雑で難易度の高い案件の依頼が来ました。
受けるか考えた結果、私はその案件の依頼を断りました。
すでにかなりの数の案件を抱えていたこともあって、受けるリスクの方が大きいと判断したからです。

当時は当たり前の判断をしたと思っていました。でもその日の母との電話で、「今の仕事を通じて、何をしたいの?」と言われました。

当時の私は、一生懸命やっているつもりだし、手を抜いているつもりもなかったから、「何がわかるの!?」と めちゃくちゃ腹が立ちました。

でもその一言で、入社したての頃のような「人より努力し、成長する」気概のようなものはなくて、円滑に仕事を回すことを目的に働いていたことに気が付きました。

ーこの先、何を目指しこの仕事を続けていくんだろう?

考えてもビジョンが全く見えないことに危機感を感じて、このままじゃだめだ!と痛烈に思い、漠然と環境を変えれば気持ちが変わる、そんな考えで転職活動に踏み出しました。

竹中さん2枚目

尊敬するお母さまの一言で一気に気持ちが変わったのですね!そこでリッチメディアに出会ったんですね?

竹中さん:はい。面談が進む中で代表の坂本に会い、ある問いを立てられました。

「出来ない人は誰もいない。今までやりきったことがあるか?」

答えが出てこなかったんです。

もちろん今までの仕事に対して、手を抜いていたわけでもないです。考えても答えが出ない私に、坂本はリッチメディアのミッションの話をしてくれました。

リッチメディアは、「可能性を世界で最も開花させる」ために存在する。これは「出来ないことは何もない。できない人は誰もいない」ことを証明するということ。

そしてそれを叶えるためには挑戦が必要で、そこには失敗や成功もある。
でも、失敗しても諦めることを諦めて、最後までやり切る。それが大切なんだと。

たった数十分の面談でした。
それなのにリッチメディアのミッションに向けた熱量・本気さに、自分自身との覚悟の差を感じ、また、今の自分は「できること」「できないこと」を勝手に決めつけて諦めていたと再認識しました。
本気で変わりたい。今のままでは嫌だ。そう強く思いました。

そうすると、坂本はこうも言いました。
「リッチメディアは挑戦する人を見捨てない。失敗してもやり続ける。そういう思いがあるなら必ずサポートする」と。

私はこの言葉を聞いて
”「変わりたい」と思うのはもうやめよう。「変わる」覚悟を決めよう”と思ったんです。

もちろんそう思いながらも不安はありました。
でもこのまま漫然と仕事をし続けるよりも、人生で一度だけでもいいから
本気で何かをやりきってみたい。

「できない人は誰もいない」その言葉を信じてみよう、と覚悟を決めました。

竹中さん3枚目

竹中さんは坂本との面談で「覚悟」を決め、新たに進む道を見つけたんですね。実際にリッチメディア入社後はいかがでしたか?

竹中さん:入社後は、今までの考えや経験を捨てて、目標アポ数を追っていました。業界の知識も、会社のこともほとんど知らない私が成果を出すには、「できない・知らない」を言い訳にしていては何も始まりません。

でも「何が何でもやりきるんだ」と決めたからこそ、経験を言い訳にせず、とにかくやりきるにはどうしたらいいかを考え、行動し続けました。

もちろん、上手くいかないこともありました。

「出来なくてもやる」。そんな私を、チームメンバーが時には励まし、時には知識を共有し、問題に一緒にトライしてくれたことで、突破口を探し前向きにトライし続けることができました。

 そうやってトライし続けることにより、当初は到底出来るイメージすらついていなかったことも少しずつ出来るようになり、前進している感覚があり、今までのように出来ることを探して取り組むときより、はるかに愉しいと感じている自分に気づきました。

 そんなとき、入社一か月目に私がBest Value Memberに選ばれました。(※再掲※ リッチメディアのミッションを実現させるために大切にしている行動指針(VALUE)を誰よりも体現した社員に送られる賞)    
この当時、ただがむしゃらにやり切ることだけを考えていた私は正直驚きましたが、この経験が、自分の「やりきる」ことが認められ、変わり始めているかもしれないと感じられたきっかけになりました。

わずか数カ月前、変わると覚悟を決めた自分自身。
そこから「こんな私でも出来た。できない人は誰もいないとはこういうことか」と、感じられた瞬間でもありました。

竹中さん4枚目

入社1か月でのBest Value Member受賞は異例のこと。竹中さんがどれだけ尽力したのかが想像できます。
次の目標として掲げていることはありますか?


竹中さん:私は今、次の目標として『仲間と作り出す挑戦の世界』を目指しています。
それは、色んな人が自分の可能性に気づき、それを信じ挑戦し続けられる社会・仲間を作ることです。

私たちは「人や社会の可能性を広げ続ける挑戦家集団」です。
わずか数カ月前の自分がそうだったように、様々な挑戦の中で自分の可能性を信じ・気づくきっかけとなるような経験を誰もができるような会社、しいては社会を作りたいと思っています。

ただそれを実現させるのは簡単ではないし、今までやったことがないものへ挑戦は不安でもあります。
しかし何よりリッチメディアは可能性を信じ、それに向けた仲間の挑戦は必ず見捨てませんし「挑戦したい」と思うのであれば、今までの経験は関係ありません。

私たちは「変わりたい」ではなく「変わる」と決めるあなたの勇気を全力で応援します。
もしこのインタビュー記事をご覧になって、リッチメディアに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

この記事が参加している募集

社員紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
5
株式会社シェアリング・ビューティーが運営するアカウントです。 https://www.sharingbeauty.co.jp/ ※2021年4月5日より、株式会社リッチメディアから社名変更いたしました。