見出し画像

「挑戦し続けることの愉しさ」


はじめまして。

僕は創業からリッチメディアに携わり
今年で11年目になります。

代表の坂本とは大学からの友人なんですが
創業する時に声をかけられて、
当時、周りに起業してる友人なんていなかったんで
「なんかイケてるんちゃう?」くらいのノリで入社を決めました(笑)

「やったるぞ!」って、めっちゃ意気込んで入社したんですけど
そもそもうだつの上がらないサラリーマンだった僕には
できないことだらけの毎日が待ってました。

それでも、毎日めちゃくちゃ愉しかったんです。

大西さん2枚目

入社時は営業に配属されたんですが、
アポが取れなかったり、商談が滞ってしまうことも多くて…
そんな時、
「その原因は何で、どう解決するのか」という『解決策』ではなく
「この状況をどう考えるか」という『考え方』が大切だと教わりました。

考え方を変えることで、行動が変わる。
結果として、アポが取れる、商談がスムーズに進むという良いサイクルが生まれる。

リッチメディアでは色んな職種を経験してきましたが
「考え方」は、今でも大事にしているスタンスです。

昨日できなかったことが今日できるようになっていく
自分で自分の成長を実感できることが愉しくて、
寝る間も惜しんで働いていた時期もありました(笑)。

これだけを聞くとポジティブな奴に見えますが、
そんな僕も、本気で退職を考えたことが二回ありました。

一回目は、大きなプロジェクトでクレームを出してしまって
多額の売上取り消しを起こしてしまったとき。

二回目は、2015年に大阪支社の立ち上げを任されたものの、
成果を上げられず撤退で終わったとき。

どちらも、信用して任されたのに結果を出せず、
期待の大きさを知っていた分申し訳なさも大きくて
「僕がこの会社にいる意味って何なんだろう?」
「いないほうが会社のためなんじゃないか?」って。

これ以上失敗したくないっていうブレーキも相まって
できることの中で仕事をこなす日々。
大きな失敗こそなかったけど、成長もない。
この時は、会社も仕事も本当につまらなかった。

もう一度やったろう!と奮起できたのは
当時担当していたお客様との取り組みがあったからです。


大西さん3枚目

最初はなかなか成果を出せなかったのですが
色んな方法を模索しては、提案し続ける僕を見て
信頼していただいたお客様から
いくつも発注や継続をいただけるようになったんです。
「ありがとう」といわれたことが、すごく嬉しかったです。

この案件を通じて、さらにお客様に貢献できることを考え、
新サービスの立ち上げなど、できることを必死に取り組みました。

その結果、半期に一度の会社の表彰で賞をもらえたんです。
受賞したときは純粋に嬉しかったし、やっと自分も会社を創る人間になれたんだと思いました。
これをきっかけに、改めて「挑戦」し、成長することの愉しさと大切さを実感したんです。

挑戦している時って、壁がいくつも出てきて、
壁にぶち当たるたびにくじけそうになるんですが
「なんのためにやるんだっけ?」と目的に立ち返り
この状況をどう考えるか、と思考を柔軟に転換して
とにかく行動するしかないと思うんです。

くじけたときにそこで諦めるか、なにくそってやり抜くかで
その人の人生や世の中の可能性の広がりが変わると
自分の経験をもって言い切れます。

挑戦を諦めずに、一緒に愉しめるメンバーとリッチメディアで夢をかなえたいし、そんな仲間と一緒に働きたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よっ!!!
7
株式会社リッチメディアが運営するアカウントです。 https://www.rich.co.jp

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 33本

リッチメディアのメンバーコラムやインタビューを載せていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。