見出し画像

[el faro]胸を張って、仕事しようぜ|安藤 友之(執行役員)

1995年。
僕はブリティッシュロックが好きだった。当時の日本では、詳しい情報を手に入れることはとても難しくて、ライブハウスに出かけては、人づてに情報を手に入れていた。そんな方法しか他に無い時代に、インターネットが世の中に出現した。自分が知りたい情報が、世界から探せる。情報の流通が一気に変わる。衝撃だった。

インターネットが無い世の中を想像してみてほしい。今では簡単にできる、あんなこともこんなことも、何にもできない。昔は良い時代だった、なんて言う人もいるけど、僕は全然そんな風に思わない。便利であることの全てが良いことではないけれど、インターネットが無ければ出会えなかった情報や、ゆっくりとブリティッシュロックを楽しむ時間まで、僕らは手に入れたんだ。

僕が働き始めた頃のリクルートは、インターネット草創期だった。インターネットをどのようにビジネスに活かすのか、ということを喧々諤々社内で議論している頃だった。インターネットを使ったサービスが溢れる今のリクルートからは想像もつかないだろうけど、当時は「インターネットなんて」という声の方が多かった。そんな中で、インターネットを使ったサービスを創り、「届けたいと思っている人が、欲しいと思っている人に情報を届ける」という仕組みの構築をしていた。散々な失敗をしたり紆余曲折あったけれど、今ではやっぱりインターネットは社会に無くてはならないものになったし、僕はお金では絶対に買えない貴重な経験を積むことができた。

僕が今までこの世界でまがりなりにも仕事をしてこれたのは、インターネットというものの本質をシンプルに捉えていたからだと思う。「届けたい」と「欲しい」、それを繋いでいく。リクルートから少人数のコンサルティング会社に転職した時も、オールアバウトで仕事をしていた時も、同じことを考えていた。インターネットビジネスはどんどん発展して「届けたい」という情報が増えた。個人の欲求もどんどん多様化してきて「欲しい」と思う情報も増えた。どんどん面白い社会になってきている。でも、インターネットの本質はずっと変わらない。

僕がリッチメディアに来たのは、メディアを創りたかったから。様々なサービスがどんどん生み出されていく中で、より本質的なインターネットメディアを創りたかった。現代の社会は、たくさんの情報が溢れていて、情報の信頼性そのものが揺らいで来ている。インターネットにある情報を、全て信じているっていう人はいないでしょ。だからこそ、そこにある情報全てが信頼できる、という嘘みたいな本当のメディアを創りたかった。

仕事をしていて嬉しかったのは、メンバーがお客様のところで少し無茶なリクエストを受けた時に、「自分たちが創るメディアでは、それはできません」と真摯に答えて、その姿勢を褒めて頂いて、お客様とよりいい関係がつくれた、と誇らしげに話していたこと。自分たちが創ったものに胸を張る、自分の仕事に誇りを持てるって、何より素敵なことだよ。

僕は、これまでずっと、僕がやりたいことや信じていることを、仕事を通じて表現してきた。そのおかげで今まで夢中になって生きてこられた。人の目を気にしたって何もいいことはないよ。自分がやりたいことに正直に。誰にも嘘をつかずに胸を張って仕事をする。人生その方が絶対楽しいって。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぜひシェアもよろしくお願いします〜!
3
株式会社リッチメディアが運営するアカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。