見出し画像

MISSIONとの接続が個人をアップデートさせ、リッチメディアを拡大させる!

ベンチャーで働くか大手で働くかで悩んでいる。

理念を大切にしている会社としてない会社の違いって?

そう思っているあなたにリッチメディアのMISSIONが引き起こす成長についてお伝えします!

取材編集者:遠山 友美子(2020年4月新卒入社)

画像1

山田勝彦さん
2018年4月入社。
入社後2年間、営業部配属で自社サービスを活用したマーケティング支援を顧客に提供。
2019年11月からは、Blue Birdのマーケティング部に異動。
全く未経験からDtoC事業のマーケティング戦略立案~実行に従事。新規獲得や既存顧客の継続施策、新商品の販売施策などが主な業務。

遠山)
今回は取材に応じてくださりありがとうございます。よろしくお願いします!

山田さん)
こちらこそよろしくお願いします!

遠山)
早速ですが、山田さんがリッチメディアにどんな部分に惹かれ、入社したか教えていただきたいです!

山田さん)
はい。僕がリッチメディアへの入社を決めた理由は2つあります。
ひとつは可能性を世界で最も開花させるというMISSION、もうひとつはリッチメディアがチームでゴールを目指していきたいという考えに共感したからです。

僕は幼い頃からPCや携帯が好きで、一度は違う道にも進みましたが、ITサービスを通して世の中の課題を解決したいという思いがありました。
坂本さんと話したときに『できないをなくしたい』という言葉に強く共感し、自分の成し遂げたい事とリンクしてると感じました。また、可能性を開花させるという想いにも大きく共感しました。

チームでゴールを目指すということですが、僕は1人でゴールにたどり着くよりも、チームで取り組み、ゴールまでのプロセスを愉しむことができる、すべてを分かち合えることが元々好きでした。

専門学生時代、プログラミングを学ぶ周りの人は、『自分でサービスを作ることが出来れば満足』という人が多く、個人のやりたい事を追求する印象をうけましたが、リッチメディアの面接時に社内のエンジニアの方と話したときに、自身が携わっているサービスによって世の中を変えたい、変えるならチームで取り組み大きな成果を出したいという熱意をとても感じ、その時、この人たちと働きたい!と強くそう思いました。

遠山)
専門学生時代の山田さんのエンジニアに対する先入観をリッチメディアの社員が吹き飛ばしてくれたんですね!その後、リッチメディアに入社した今、リッチメディアはどんな会社と感じていますか?

山田さん)
MISSIONを大事にしていて全員が行動し続けている会社だと思います。
挑戦していく中でチームでの目標未達が発生した時も、チーム内で常にMISSIONに立ち返り、『可能性を世界で最も開花させる』為に自分たちができることを探し続ける事で自分を奮い立たせ、諦めずにやり切る気持ちを持ってます。
周りの友人と話してみてもMISSION(理念)をここまで全員が意識して成長している会社はないなと思います。

遠山)
確かに、リッチメディアはMISSION・VALUEを全体集会の時だけではなく、業務中や会話のなかでも頻繁に出てきますね!
では、リッチメディアのMISSIONである『可能性を世界で最も開花させる』為に、山田さん自身が変わったことは何ですか?

山田さん)
はい、自分をアップデートしていかなきゃいけないという危機感が生まれました!

学生の頃は答えがある問題が多いと思うので、目標達成において自分のスタンスとかやり方を否定しなくてもある程度は進むことができると思います。

ただ、社会では正解が見えず自分で決断し進まないといけないことが多いので、その時に「自分のある知識のみで何とかやってみる」と思うのか「目的を達成するために、やれることは何なのか考える」と思うのかで大きな差があると思います。

現状を様々な角度から見て、否定し続け、自分をアップデートしていかなければいけないという危機感が生まれたことが、リッチメディアに入って僕が変わったことだと思います!

遠山)
自分思考ではなく目的思考ということですね!自分を成長させ続け、チームを巻き込み、事業を成長させてMISSIONを達成していくんですね!
では、山田さんは今後リッチメディアをどうしていきたいですか?

山田さん)
そうですね…。大切にしているMISSIONとVALUEをぶらさないまま成長していきたい!と思っています。MISSIONを全員が大切だと想い、『可能性を世界で最も開花していこうぜ!』という集団であり続けたいです。

遠山)
社員が増えてきたとき、どのように文化を継承していこうと思いますか?

山田さん)
そうですね、、MISSIONが分からなくなった人がいたとき教えることができるようにしたり、MISSIONを大事にする文化があるからこそ生まれた『全体の知識の共有の場』を実行し続けていきたいです。これらを辞めずに実行し続けることで文化を継承でき、成長していくと考えています。 


遠山)
MISSIONが全員を束ね、熱い集団にする、個人とMISSIONの接続により成長していくということですね!
そんな中で山田さんの仕事のやりがいはどんなことですか?

山田さん)
挑戦し続けられることと、チーム一丸となって大きな目標に向かえることです。
自分がやりたいと思うことや、やるべきこと、それが会社のMISSIONに紐づいていれば挑戦の機会をいただけます。まだ未経験だから、経験が浅いからと言ってやらせないということがありません。しかし、機会をもらえるということは、責任を持つということもセットなので、やり切る覚悟が必要です。未経験でも一緒に頑張ろう!など背中を押してくれる会社なので、新しいことに挑戦し続けられること、責任をもって業務に取り組めることにやりがいを感じています。

遠山)
では、最後にこの記事を読んでくれている応募者の方にメッセージをお願いします!

山田さん)
はい!
応募者の皆さんへ、『自分が大事にしていることと会社が大事にしていることがマッチしている会社』を選んでください!

自分と会社が大事にしていることが一緒なら、何かを行動・挑戦するときにチームは背中を押してくれますし、自分の成長を喜んでくれます。

自分と人の可能性を開花させるために、妥協せず突き進んでください!

遠山)
山田さん、今回は貴重なお時間をありがとうございました!

-------------------------------------

会社やチームの成長させるために、リッチメディアのMISSIONの存在は必要不可欠です。

『可能性を世界で最も開花させる』べく、私たちは常に成長し続けています。

MISSIONを通じて全員が成長し続けるリッチメディアのかけがえのない一員として社会人のスタートを切りませんか?

リッチメディアでは共にミッションを達成する仲間を募集しています!

ご興味ある方は是非一度お話ししましょう!


【中途採用】

↓これからもいろんな記事を投稿していくので、noteアカウントのフォローも是非お願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!
14
株式会社リッチメディアが運営するアカウントです。 https://www.rich.co.jp

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 31本

リッチメディアのメンバーコラムやインタビューを載せていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。