見出し画像

バリューが組織の舵となる。リッチメディアが目指す「ワンチーム」とは?

こんにちは!リッチメディア20卒の宮下篤貴です。
私の夢は、子供たちが輝く未来を作ることです!そんな志を持ちながら、リッチメディアが描く「可能性を世界で最も開花させる」ことに共感し入社致しました!
現在奮闘中の新卒です、よろしくお願いいたします!

今回、リッチメディアで働く人が一体どんな思いで仕事をしているのか、インタビューして参りました!
インタビューさせていただいたのが、平川陽子さんです!

~経歴~
平川陽子さん
2016年9月に中途入社
前職は福岡の広告代理店の営業として8年間在籍。テレビショッピング通販に特化した広告代理店で、健康食食品や化粧品を取り扱うお客様が多かった。具体的な業務としてはメディアバイイングからアカウント営業まで。特に媒体考査の交渉経験からスキンケア領域のリッチメディアのメディアに親和性があり注目。上京をきっかけにリッチメディアに入社後、アカウントプランナーグループ(当時)に配属。

宮下)
早速ですが複数の企業を経験してきた平川さんが思う、就活において大切なことはなんですか??

平川)
就活において大切なことは自分自身と向き合うことです。同時に行動し続けることも大切です。行動しつつ振り返りながら「自分のやりたいこと・納得すること」の答えが見つかると思います。

失敗を恐れずに、間違えたらやり直せばいいんです。
飛び込んでみて、納得いくまで一生懸命取り組んでみてください。

その中できっと”こだわり”が出てくると思うので大切にして欲しいですね。その先に、他人から言われて気づくような「得意分野」が見つかると思います。

宮下)
僕もそう思います!就活の時、自分と向き合い続けました!こだわり。確かに見つけたいですね!

平川)
これからじっくり考えればいいと思うよ。まだ社会人1年目だし。人の成長スピードにも個人差がある思うので。伸びしろがあるってことだよ!

宮下)
はい!ありがとうございます!まずは、一生懸命取り組んでみます!!
なぜリッチメディアに入社されたのですか?

平川)
過去の経験を活かしつつ、ウェブ業界で働きたかったからです。新聞、テレビ、ラジオといったマス媒体での職務経歴があり、唯一触れていないのがウェブ業界でした。なので、ウェブ企業でメディアをもっている会社を選んでいました。

そしてリッチメディアが、前職で携わることの多かったスキンケア業界に特化していたので入社を決意しました。

宮下)
カッコいい!!広告のスペシャリスト!!ですね!
仕事において何か大切にしていることはありますか?

平川)
真価が問われるのは、トラブルが起きたときにどう対処するかですね。仕事って日々上手くいかないことの連続で、実は苦しいなって思うことが結構あるんです。業績が落ち込むこともある。

ここで大切なのは、最初に感情は置いておくことです。
「恥ずかしい」とか「こうすればよかった」などの後悔って、後からすればいいんですよ。まず、今、何をすべきか冷静に考えて対処することです。

宮下)
なるほど、感情を置いていく、勉強になります!
でも失敗した時ってなかなか立ち直れないんですよね。

平川さん)
大切なのは素直に認めることです。とはいえ、自分で正しいと信じて本気でやっているからこそ、なかなかできないですよ。でも、仕事において、間違えは誰にでも起こります。完璧な人なんていないじゃないですか?

当たり前だけど、よほどの職人じゃない限り、仕事は誰かと協力しなければならないんです。その時に、相手の心のわだかまりをとるための「ごめんなさい」の一言が重要です。「自分は正しかった」と、目をそむけることは簡単ですが、失敗に対して真摯に向き合えば、後悔なく進められますよ。

宮下)
なるほど!真摯に向き合うことで次につなげられる!当たり前ですが、出来る人になります。仕事でのやりがいはなんですか?

平川)
ユーザーの反応がよかったときです。求められているビジョンを施策として具現化した時に、ユーザーやクライアント様からの「ありがとう」を聞くことで嬉しさを感じますね。

実際、広告って水物なんですよ。無形なので。だからこそ、結果が出ずに自己満足で終わるのは嫌ですよね。
悔しいじゃないですか。どうせやるならあの手この手を考え、成果にはこだわっていきたいと思っています。

画像1

宮下)
なるほど、お客様のために成果にこだわることは大切ですよね!リッチメディアに入社してからご自身の中で何か変化はありましたか?

平川)
周囲の人に関心を持つようになりましたね。前の会社では結果至上主義で、結果がでれば手段を選ばずという個人プレーの競争でしたので、ナレッジも共有せずにギスギスすることもありました。とはいえ、キャラがみんな強くて面白かったですが…。

今は社員人数も多いので、誰とどのように関わって、どういう影響を及ぼしているのか、結果に至る工程も重視するようになりました。
その結果、以前より人と関わることが多くなったので、分かり合う機会が増えましたね。
そしてリッチメディアの社員はみんな優しい!!

宮下)
急激に変わりましたね!分かり合うことは、まさにリッチメディアのバリューですね!

平川)
そうですね、坂本さん(リッチメディア社長)が強く思っているからこそ社員みんなで体現されていると思っています。

宮下)
そのバリューが大切な理由はなんですか?

平川)
チームの行動の指針になるからですね。

今のリッチメディアはミッションを大切にしている会社です。
なぜなら、ミッションとは我々が存在している意義だからです。

しかし、ミッションは抽象度が高く個人によってズレが生じる可能性があります。私も日々働きながら咀嚼して、少しづつ理解しています。ミッションを言語化して、各々が行動に落とし込んでいきます。その時、各々が落とし込んだ行動に違いが生まれる場合があります。

そんな時にバリューです。
目標を達成させるために、行動指針のバリューを日々振り返ることでチームのあるべき行動が共通認識になります。
私たちはチームで何を目指しているんだっけ?
目指すにあたり、日々どんなチームであるべきなんだっけ?
ということが、みんなで認識できるので、ワンチームとなることが出来ます。そして、目標に向かうまでのプロセスの評価もお互いに可視化することが出来ます。

まだまだですが、より一層バリューを体現しワンチームでバリューを実現します。

宮下)
バリューがあることで行動の振り返りも出来るんですね!
自分自身が指針になれるようバリューを体現していきます!

平川)
期待していますが、”可能性を開花させる”も忘れずにね。

宮下)
はい!!心得ています!


平川さん、本日はありがとうございました。
1人ひとりが、同じ方向を向くことで目標達成に近づく。
まさにスポーツのようにワンチームで戦っている姿が想像できますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んでいただいた皆さんに、少しでもワクワクしていただけたら嬉しいです ^^

リッチメディアでは共にミッションを達成する仲間を募集しています!
ご興味ある方は是非一度お話ししましょう!

【新卒採用】

【中途採用】


↓これからもいろんな記事を投稿していくので、noteアカウントのフォローも是非お願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!
9
株式会社リッチメディアが運営するアカウントです。 https://www.rich.co.jp

こちらでもピックアップされています

メンバー
メンバー
  • 27本

リッチメディアのメンバーコラムやインタビューを載せていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。