見出し画像

「就活を通して価値観が変わった。」リッチメディア新卒佐藤が語る、等身大の会社選び。

こんにちは!

リッチメディアで学生インターンをしています。水野翔太です!

毎週月曜日、ビジネス経験が0のリッチメディア学生インターンが、会社の先輩方にビジネスとは何か、働くとは何かを聞きながら一流のビジネスマンになるべく成長していく企画を発信しています!

その名も「0→1(ゼロイチ)」!!!

第二回はリッチメディア新卒の佐藤理紗子さんに、新卒の方ならではの等身大の就活について伺っていこうと思います!

画像11

佐藤理紗子
2019年フェリス女学院大学を卒業後、株式会社リッチメディアへ入社。入社後は、制作に配属され現在はクリエイティブディレクターとして活動中。


水野)
就活ってすごい大きな意思決定だと思うんですよ。だからこそ慎重に選んでいきたいし、できることなら自分に一番合った会社に行きたい。

そこで今新卒一年目で就活っていう大きな意思決定が終わり、実際に働き始めている理紗子さんに会社選びについて重要なポイントを伺いたいなと思います!

佐藤さん)
会社選びのポイントか、、。
わたしそこまで重要じゃないって思ってるんだよね、会社をどこにするかって。笑

画像11

あ、、、笑 いきなり笑


佐藤さん)
あ、もちろん大切だししっかり選ばなきゃいけないよ。

でも、いかにそこで覚悟を決めてやりきるかとか、どんな環境であろうと絶対に結果を出してやるっていう前のめりな姿勢の方が大事だと思う。

一緒に働く人がどんな人なんだろうっていう不安とか、希望の配属先じゃなかったらどうしようとかまだわからない未来を考えるよりも、そんなのわかるはずないんだから覚悟を持ってやりきる!って思うことが大事なんじゃないかな。その上でいろんな企業を見てほしい。

画像6

水野)
なるほど、、。前のめりな姿勢ですね。

じゃあ理紗子さんにとってやりきれる環境ってどんな環境なんですかね?

佐藤さん)
わたしは、挑戦した時に会社全体で応援してくれる文化がある環境だと思ってる。ちょうど今わたしがいるリッチメディアって、本当に応援力が強い会社だなって毎日のように思ってるし。

みんながお互い応援し合うし、当たり前のように子会社間でもコミュニケーションしあう。そのためだったら何十回でも壁打ちに付き合ってくれるし、どんどん先輩が力を貸してくれる。お互いが持ってる目標に対して、一人一人が真摯に向き合っていく感じ。

水野)
応援力、確かにそれめっちゃ感じます!

佐藤さん)
入社したての頃にあるプロジェクトやるってなった時、周りの先輩方があれどうなった?進んでる?ってわたしよりもわたしの仕事について考えて一生懸命になってくれていて。

そう言う意味での応援力がある会社がわたしにとってやりきれる環境なのかなって思うし、短い就活の期間でそんな会社を見つけられたのは本当にラッキーだったと思う。

だから今の子たちにもそんな企業を見つけてほしいなって思う。

水野)なるほど!僕もその応援力ってすごい実感していて、お互いが会社を超えて祝ったり、この前あげた記事の感想をわざわざ言いに来てくれたりする人もいて。感動してました。笑

でも実際に就活生がそんな企業を見つけるのって難しくないですか?

実際に働いてみなきゃわかんないこともあるし、、。

画像11


佐藤さん)
確かにそうだよね。わたしはさっきも言ったように少しラッキーなところもあったから。

わたし自身の話をすると、周りの就活生とかと違って学生団体に所属してたとかインターンしてたみたいな経験が何一つなくて。

それに紐づいてわたしの過去に何も栄光がないというか、語れるものが本当になかったの。

その分本当に焦っていたし、何者でもない自分にすごいコンプレックスを感じてた。だから就活始めたてのころは本当に不安すぎて何やったらいいか全然わからなかった。

画像11

水野)
確かに自己分析とかして見つめると、本当に自分何もないなって思うことすごいあります。

佐藤さん)
そうだよね。しかもわたしそれだけじゃなくて、タチが悪いことに"いい子ちゃんぶる"のが上手だったんだよね。笑

ずっと世間一般的に良しとされることが、正しいと思っていた。

要するに、それまでは自分の正解の軸が自分自身じゃなくて、他人にあったんだよね。

他人が見て良いと思うわたし、他人が見てすごいわたし。言われたことだけやったら楽だし、当たり障りのないことをすれば別に怒られたりはしない。
でも今思うと、自分の意思で何もしてこなかったんだよね。ずーっと。

水野)
なるほど、、、周りが思う正解に合わしてたんですね。

佐藤さん)
そう。
だから、悪い意味で正解探しは本当に得意。笑

そんな感じで、就活も最初の頃は全部一般的に良しされているマニュアル通りにやって面接もガチガチに練習して、100点満点の就活をしようとしていた。それが自分にとってすごい楽だったから。

画像11

それで最初の方はいい子ちゃんにしてたらどんどん選考も通って行って、よし大丈夫って思ってたんだけど、リッチメディアの最終選考で社長の坂本さんと話した時にそれが全部崩れた。


いつも通りそこで自分の練習してきた面接内容を言ったら、

坂本さんから、一言

「そんな100点満点のこと言われても何も判断できないから。」って言われて。

それでその後小一時間ずっと短所だけ聞かれたの。笑 
あとは?他には?みたいな。

画像11

その時は絶対落ちたーって思ってたんだけど、落ち着いて考えてみたら就活をしていく中で坂本さんが唯一何者でもない自分にフォーカスしてくれていて。

周りが思う正解なんかじゃなくて、お前が思う正解を見せろっていってくれているような気がした。

その出会いがあったからこそ、今までみたいに他人がよしとすることをやるんじゃなくて自分の本当に正しいと思ったことをしようって思えるようになったの。

ここまで向き合ってくれたっていう恩もあるし、「そこまで成長したいならずっと応援するから一緒に頑張ろう」って言ってくださって、わたしはここなら頑張れそうって思えた。そうやって今の会社には入ったかな。


水野)
坂本さんとの出会いを通して、自分の価値観も変わっていったんですね。
でも確かに坂本さんと僕も最初面談したんですけど、双方で意思決定しようっていう意思をすごく感じて。

僕はそれまで、面接って一方的に学生が今までやってきたこととか性格を評価される場だと思ってたんですけど、お互いが納得して働けるようにお互いで意思決定する場っていう考えに坂本さんと出会って変わりました。

画像11

佐藤さん)
本当そうだよね。

わたしも面接を通して気がつけたけど、評価されるっていう意識じゃなくて評価し合うっていう意識が大切なんだと思う。

そう思えば自分を偽って大きく見せることなんてしなくていいはずだし、お互いもっと楽になる気がするな。

水野)
本当そうですね。
でもいざ入社する時ってやっぱり怖くなかったですか?

佐藤さん)
もちろん怖かった。自分の選んだ道で本当に良かったのかな、今後どうやっていけばいいんだろうっていう不安はすごいあった。

でも同時に、「今までレールを引かれたところでしか動いてなかった自分がレール外れた時にどのくらい成長を遂げられるのか」って楽しみな自分もいた。今までそうやって生きてきたからこそ、みんな見てろよって。坂本さん含め社員の皆さんに恩返しして自分の成長に繋げていくぞって強く思ってたかな。


水野)なるほど、じゃあ本当に就活を通して自分の価値観とか考えも良い方向に進んでいったんですね。

佐藤さん)
就活を通して自分と向き合うってすごい怖いことだと思うけど、それを受け入れて変わろうと努力してる今がわたしは最高に愉しいかな。

だから今就活してる人も頑張ってほしいし、その先にはきっと心から自分が愉しめることが待ってるよって伝えたい。

水野)
なるほど。
僕もより一層頑張っていきます!今日はありがとうござました!


画像1


自分と向き合うってすごい怖いことだと思うけど、向き合った先にしか見えない景色が必ずある。その景色は自分にとってかけがえのないものになるんだろうなと思いました。

りさこさんの話を聞いてると、就活って一見憂鬱なように見えて改めて自分と向き合いもう一段階成長するための成長痛みたいなものかなとも感じたので、もっともっと頑張って成長していきます!


最後までご覧いただきありがとうございました!


Twitterのフォロー、お待ちしてます!

インタビュアー、文 リッチメディアインターン生 水野翔太
https://twitter.com/mizushooon


↓これからもいろんな記事を投稿していくので、noteアカウントのフォローも是非!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぜひシェアもよろしくお願いします〜!
8
株式会社リッチメディアが運営するアカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。